グリーンテクノロジ科学および環境 ソリューション

GT SCIENは、安全な実験室を作るために、絶えず研究開発していきます。

なぜLABEHSが必要なのでしょうか?

  • EHSとは 環境(Environment)、保健(Health)、安全(Safety)を通称する概念で、1980年代半ば以降北米·欧州で通用しています。
    一つの組織や企業が構成員、または地域社会の住民を含むいかなる人にも害を及ぼさないための方法を研究する学問分野、またはこれを実践する専門家または産業分野のことです。

実験室EHS管理の特殊性

科学技術発展と人類繁栄の尖兵である研究員たちは実験室、各種安全事故と持続的な有害物質漏れによる健康悪化の危険に瀕しています。
これらを各種脅威から保護して、生産性を高めるため、実験室及び化学物質取扱作業場に対する環境保健、安全(EHS)統合管理が要求されます。

  • 一般産業現場より多くの有毒ガス排出物質を使用
  • リスクの識別と結果の予測が困難
  • 事故原因は、多くの人のミスや不注意
  • 周辺施設及び地域社会における苦情発生の可能性

GT SCIENが提供するソリューション

実験室の環境保健安全は、個別の装備や施設レベルで解決される問題ではありません。
実験室事故による社会経済的損失を最小限に抑え、持続可能な研究開発環境を構築するためには、実験室の特性を考慮した先制的·統合的アプローチが必要です。
(株)GT SCIENはそのために3つのソリューションを提供し、実験室の環境保健安全はもちろん、効率まで向上させます。

  • TOGA® CLEAN SYSTEM
    実験室内の有害ガス除去及び環境保護、エネルギー節減
  • IoT EHS Platform
    人的エラーによる事故の可能性の最小化
  • Lab EHS Total Solustion
    蓄積された現場DATA基盤のOne-Stop Service

EHS+E

(株)GT SCIENのソリューションで実験室の環境、保健、安全はもちろん、研究業務の効率を向上させてください。