グリーンテクノロジ科学および環境 フィルター

GT SCIENは、安全な実験室を作るために、絶えず研究開発していきます。

TOGA® フィルター

長年蓄積されてきた韓国内外の各分野の実験室に対する経験と事例研究を基に、個別装備の導入だけでなく、研究所及び事業場の新築及びリノベーションプロジェクトの全過程に必要な最適のEHSサービスを提供します。

実験室の大気環境の特殊性とTOGA®フィルター

一般的に空気浄化フィルターはカーボン(活性炭)と微細繊維で製作され、
生活悪臭、細菌、PM2.5をカーボン気孔に吸着する方法で浄化します。
しかし、これは実験室で使用する際にはいくつかの限界点があります。

(株)GT SCIENの独自技術で、物理的吸着に依存していた従来の方式より一歩進んで、物理·化学·中和の3つの方式を結合させ、実験室内の多様な化学物質による有害ガス·悪臭除去に最適化されたフィルターシステムです。
(米国特許:US8,845,971,B2国内特許:第10-0941666号、中国特許:1345867号)

TOGA® フィルターの種類

三つの浄化方式を利用し、多様な作業場実験室特性および取扱化学物質によって特化された種類のフィルターを提供可能です。
代表的なものとしてA, B, Cタイプフィルターがあり、それ以外にもっと詳細な環境情報を共有すればスペシャルフィルターを提供することができます。

フィルター交換管理の重要性

      • 有害ガスの浄化能力が落ちたフィルターは、研究員の安全を保障できません。
      • 有害ガス浄化フィルターを周期的に交換することで有害ガスから自由になります。
      • 研究員の安全は管理および予防によって確保できます。
      • 有害ガスから持続的な露出による装備の損傷は、部品交換及び老朽化の原因となります。
      • 有害ガス浄化能力の持続的な管理による機会費用上昇の原因を遮断することができます。
      • 「産業安全保健法第13条第1項」に基づきオフィスの空気を快適に維持·管理するために「オフィスの空気管理指針」が存在します。

ヘアピン

全体 7

TOGA®フィルターとは何ですか?

TOGA®フィルターとは、自社で独自に開発したFilterとして既存の吸着方式ではなく化学方式を通じて有害ガスを除去します。 A、B、C 3種類で構成されており、A typeはVOC's、アルコール、炭化水素、悪臭除去に優れ、B typeは一般的な有機化合物、O3、NH3、悪臭除去に卓越します。 C typeはNOx、SOx、山、塩基除去に卓越します。

TOGA®フィルターと既存のフィルターとの違いは何ですか?

従来の活性炭やゼオライトフィルターの場合、VOC'sの除去に限られており、酸や塩基の除去能が非常に低いです。 またフィルター交換周期が通常3~6ヶ月程度です。 しかし自社のTOGA®フィルターはVOC'sほとんどが除去可能で、酸塩基除去機能に優れているため酸をたくさん使う農機センターに多く納品されています。 フィルター交換周期も1年以上で維持費用も少なくかかる長所があります。

フィルターの交換時期をどうやって知ることができますか。

フィルター交換周期は毎日8時間稼動基準で1年間使用可能です。 製品使用後1年が経過すると、アラームが鳴ってわかります。

フィルターを交換する際、A、B、Cタイプの中でどちらかを交換するんですか?

A,  B,  C  type  の  3  種類の中から環境に合わせて選択していただくと、その後フィルター交換の際に1  set  を交換することになります。

フィルターを複数セット保有しているため、すぐに交換できますか?

フィルターは基本的にactive  carbonがベースなので、包装状態のフィルターでも大気中の物質を吸着するため、フィルタークーポンとして発行することをお勧めします。

オーダーメードフィルターの製作もできますか。

実験室環境によってSpecial  typeフィルターの製作が可能です。 保管する試薬の性状分類を通じてフィルターの調整費を変更し、Special  typeフィルターを利用する際は基本的に提供されているStandardフィルターより利用期間を延長することができます。

フィルターに対する試験成績書以外に現場で測定が可能ですか。

はい、ポータブルVOC's測定器によって現場内の待機状態点検と有害ガス浄化装置を稼動後の待機状態を測定し、肉眼で確認できるサービスも行っています。